Simple life with ZIP!

アクセスカウンタ

zoom RSS *ペットロスのこと*

<<   作成日時 : 2007/08/23 15:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 32

1年前の今日の早朝、まだ夜も明けないうちに、愛するVINOが突然天国に旅立った。



画像




私たちには、どうすることもできなかった。

私の腕の中で息絶えていく子を救ってあげることすらできなかった。

ぐったりしてしまったVINOに何が起こったのか、目の前で起こっていることは悪夢なのか?

でも、しばらくして、それが現実だということを受け入れざるをえなかった。

辛かった。どうしようもなく悲しかった。

VINOを救ってやれなかった自分を責めたりもした。

夜中に連絡のつかなかった獣医さんを恨みもした。

それから数日間、とにかく涙が枯れるほど泣き続けた。

人目もはばからずに、目をまっ赤に腫らして泣いた。

悲しみを抑えることなんて、とてもできなかった。

親しい友人たちに辛い心のうちを聞いてもらった。

友人たちも自分のことのように悲しみ、一緒に泣きながら私の話に耳を傾けてくれた。

本当に感謝・・・!

時間が経つとともに、後悔や自責の念や恨みは消えていった。

愛する存在を失うとき、どんな状況であれ、後悔はつきものなのだし・・・。

後悔することはたくさんあるけれども、それこそが人生なのだから。

そう思えるようになった。

そして、もっと時間が経つと、VINOの死の時の状況よりも、一緒に過ごした楽しい1年間の日々を思い出し、笑いながら話せるようにもなった。

VINOも私たちも共に、日々楽しく幸せに過ごすことができた。

私たち家族はみんな、あの1年間に悔いはない。

人も動物も、どれだけ長く生きるかではなく、いかに生きるかが大切だと思えるようになった。

そんなことを全て、あのちっちゃなVINOが教えてくれた。

恥ずかしながら、この年になるまで、そんなこと真剣に考えもしなかった私に、VINOが教えてくれた。

ありがとう。

そんなことを改めて、考えさせられる今日という日・・・。

今朝、zipapaはVINOが息をひきとった明け方の4時くらいに目が覚め、もうそれ以上は眠れなかったのだそう。

1年前のあの日、VINOは3時45分に電話のベルの力を借りて、私たちにお別れを言ってくれた。

電話のベルが鳴らなければ、私たちはVINOの異変に気づかずに眠りから覚めることはなかったはず。

でも、そんなことになれば、私たちがどんなに悲しく後悔するかを察してくれて、ベルを鳴らして最後にお別れを言う機会を与えてくれたのだと思う。

最後まで、なんて思いやりのある子だったのだろう。

そんなこともあったなぁ〜と、改めて、VINOに感謝の気持ちでいっぱいになった。

現在、わたしはペットロスカウンセラー目指して日々勉強中。

ペットロス・・・愛玩動物を喪失することの総称。

動物の寿命が人間よりもはるかに短いゆえに、ペットと暮らす人は誰もが、必ずいつかは体験すること。

ペットとの愛着が深ければ深いほど、ペットロスの悲しみからの立ち直りには時間がかかる。

でも、私が体験してきたように、いつかはその悲しみから立ち直る時がくる。(ただ、その時に何かの理由で悲しみを抑え込んだりすると、病的なものになる危険性もあるので、悲哀の過程を無理せずゆっくりと成し遂げる必要があるのだけれど・・・)

もちろん、その悲しみはとてつもなく深く、相当なストレスがかかる。

また、私が1度体験したからといって、2度目はもっと軽く済むというものでもない。

何度体験しても、同じような悲哀の過程を歩むのだと思う。

だからといって、もう2度と愛犬との生活はしたくない、とは思わない。

そんな悲しい体験をしてもなお、ペットとの暮らしはその何倍・何十倍もの喜びを与えてくれる。

きっと、私は一生、愛犬の生と死を体験しながら生きていくのだと思う。

もう犬たちとの生活なしの人生は、私には考えられないから・・・。

長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださって、ありがとうございました。(m--m)





命日の今日・・・
キレイなたくさんのお花に囲まれて、VINOは幸せ者です。
みなさん、本当にありがとうございました。


画像



VINOの遺骨は、私たちと一緒にリビングルームに・・・
遺骨については、それぞれ意見や希望があるかと思いますが・・・
自分たちにとって、それが一番だと思えれば、それでいいのではないでしょうか?
近頃、ペットと同じお墓に入ることのできる墓地もあるそうですが・・・
将来、私たちもそうできればいいなァ〜なんて考えています。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
さきほど、コメントを書こうとして・・・書きかけては消し・・・
どうしても思いがまとまらず、書けずに閉じてしまいました。

そしてそのあとすぐ別のブログ・・・最近お気に入りの猫のブログをあけてみたところ
http://nekoaku.exblog.jp/7335317/#7335317_1
!!!
なんと大きな虹!!
ヴィーちゃんからの一年越しの挨拶のように感じてぐっときました。

あのあと、どのくらいあとだったか忘れましたが、空に大きな大きな二重の虹がかかって「ヴィーちゃんが虹を渡ってるとこかも!」なんて言ってたんだったよね。
あれからもう一年。早いね。
ヴィーちゃんたら、すっかり虹の橋の向こうの生活にも慣れているようですよ。
こんな映像で粋なメッセージを送ってくれるなんて、しゃれてる。
「大丈夫よ!あたち元気よ!こんなに自由に飛び回ってるのよ!」
なんて言ってくれてるみたいです。
nona
2007/08/23 22:11
あの日から一年たったんですね。。
早くもあり、長くもある一年でしたね。
VINOちゃんがたくさんのものを残し、新たなる目標を作り、
mamiさんにもパパにもZIP君にもいろんな素敵なものを与えてくれたんですね。
やっぱり、やんちゃな天使さんだったんだわ♪
お空からみんなを見て「私って偉いでしょ!」って笑ってそう。
これからまた新しい生活が始まりますね。きっとVINOちゃんが見守ってくれますね

あ、私も同じお墓考えてるんですよ〜

alomama
2007/08/23 22:12
ごめんなさい。
書き込んだだけではリンクできないのね。
ブログ名は 「猫のあくび」 http://nekoaku.exblog.jp/です。
すごくきれいな虹の画像です。良かったら見てみてくださいね。
マヌケな書き込みでごめんなさい。
nona
2007/08/23 22:17
あれからもう1年なのですね。
過ぎてしまえばあっという間ですが、きっとZIPファミリーにとっては長い1年でしたね。
時間の経過とともに楽しかった日々のことを温かい気持ちで思い出せる。
VINOちゃんもどんなに喜んでいることでしょう。
そして、ここにいらっしゃる皆さんがそんな気持ちになれたmamiさんに喜んでいることと思います。
この子達が私たちに与えてくれるものは計り知れない。
お互い頑張っていきましょう。

そうそう、三吉本日伯父さんになったんですよ!
nara
2007/08/23 22:26
もうそんなにたってしまったなんて思えないほど・・・
この一年、早かったですね。
今でもはっきり覚えています。海岸や芝生の上でぴょんぴょん跳ねて遊んでいた姿。
あの小さくって可愛いviちゃんが遺してくれたものは、とてもとても大きなプレゼントだったのですね。mamiさんにもzippapaさんにもZIP君にも、そしてviちゃんと関わった多くの人にも。
この週末からパピーちゃんとの大変だけれども楽しい生活が始まるんですね。パピーちゃんはどんなに楽しい日々を与えてくれるのでしょう?今からワクワクしてます。
ふらまま
2007/08/23 23:04
あれから
まだ、1年。もう1年。
VINOちゃんとの楽しかった思い出を笑顔で話せるようになった
mamiさんをZIP家を、
VI〜ちゃんは天国から最高の笑顔で見てると思いますよ♪
(わたしも横浜から笑顔で見ていますが。。。(笑))

この小さなワンコたちが
私たちの心に残してくれるものは
ほんとにほんとに大きい〜
ワンコを育てながら自分たちも成長しているんですよね!

新しい家族と一緒に
また日々成長ですねぇ〜
Lapiママ
2007/08/23 23:09
VINOちゃん、1年経つのですね。。。
とてもとても悲しい体験だったことと思います。でも今、一緒に過ごした日々を楽しく思い出してくれているmamiさん家族のことを、VINOちゃんもきっと喜んで見守ってくれていることと思います。
今週末には妹ちゃんもやって来るということで、さらなる楽しい日々が待ってますね!
ちなみに私も、同じお墓に入れてとお願いしてるんですよ〜。
junko
2007/08/24 00:43
もう一年ですね。。。
VINOちゃん、天国で楽しく走り回っているかなっ。
そしてZIP家のみんなを笑顔で見守っているね!
愛おしいペットを失うことは本当に辛いことだけど、小さな身体で私達に教えてくれることはとっても大きいことですね。
実家の犬が亡くなった時、読んだ冊子に
「どうしてペットは先に逝ってしまうか・・それはあなた達に命の大切さ愛おしさを教えるためではないでしょうか」と書いてありました。
たくさんのものをペット達から教えてもらっているんですねっ。

またお会いした時にでもVINOちゃんの思い出話聞かせてくださいねっ(^^)
ワッフルママ
2007/08/24 08:13
1年間という短い時間だったけれど・・・
VINOちゃんは、mamiさんご夫妻にも回りの友人達にも
ほんとに大きな多くのものを残して、旅立ったのですね。
まさにギューっと詰まった凝縮された、犬生! 
VINOちゃん、えらいぞ! あっぱれVINOちゃん!!

うちの先代犬の遺骨も、いつもわたしがいるお部屋に置いてあります。
ある意味いつも一緒、これからもずーっと一緒ですから。
6月からブログはじめました〜 遊びに来てくださいね。
http://blog.goo.ne.jp/subaru0111



すばるママ
2007/08/24 09:09
あれから一年経ったのですね。。。ダメなブリーダーですね。涙がとめどなく流れてしまいます。VINOちゃん、ZIP家に行って本当に幸せだったと思います。有難うございました。
メリーソート
2007/08/24 09:13
先日、vinoちゃんの命日がもうすぐだねとzizuoと話して
おりました。昨年のちょうど今頃、午前中にekoさんにお電話を頂いたときのことを今でもはっきり覚えています。
私達にとっても、vinoちゃんは大切な家族そのもの。
そのキャラクターも手伝って、私達もvinoちゃんに感謝しきれない
くらい、たくさんの幸せと思い出を貰いました。
この一年、mamiさんやzipapaさんが、悲しみを乗り越えたり
自分の気持ちを消化するのには、想像を絶するような努力や想いを
されてきたのでしょうね。。。
もうすぐおうちに来る次女ちゃんは、誕生日も近いですし、
きっとvinoちゃんがZIP家にご縁のあるように、しっかり厳選!?してくれたのだと思います。
vinoちゃんが焼きもちを焼いて、自分とは正反対のキャラを
送り込んでいたりして。。。笑
hiromi
2007/08/24 10:03
VINOちゃんが旅立って1年・・・早かったですねぇ。
その間にmamiさんはいっぱいお勉強もされて、ちゃんと前を向いてVINOちゃんと一緒に進んでこられましたよね。
偉いなぁ〜って尊敬しています。
VINOちゃんが残してくれた想い出は、本当にみんなの宝物です。
新しい家族を迎えることも、きっとVINOちゃんも喜んでいるでしょうね。

VINOちゃん、妹ちゃんを空の上から暖かく見守ってあげてね。
ねぇね
2007/08/24 10:53
ほんとに早いものですね。あれから一年ですね。
あの時、力になれなかったこと。今でも少し残念です。

全てのことを乗り越えて、消化して、前を向くことができたZIP家は素晴らしいです。
そして、新しい家族を迎える決心ができたこと、とてもとても嬉しいです。
失う辛さはあっても、やはり一緒に過ごした時間は特別だから。
また楽しい時間をいっぱい作って欲しいです。
そんな生き方を選んだZIP家を尊敬していますよ。

vinoちゃんは私にもいろんなことを教えてくれました。
考える機会を与えてくれました。ありがとうね〜
えみーな
2007/08/24 12:20
時々こっそり(今バレましたが)VINOちゃんに会いにきているのですが
2006/05/09の記事「お転婆VINO…」とかホントVINOちゃん最高!!って
気分になります。そうやって元気分けてもらってるなぁ〜
zizuo
2007/08/24 19:27
みなさん、温かいコメントを本当に本当にありがとうございます。
みなさんのコメントに、どれだけ励まされてきたことか・・・。
感謝の気持ちでいっぱいです。
mami
2007/08/24 21:08
nonaさん☆
nonaさんのお気持ち、本当に嬉しいです。
いつもいつも一緒に涙してくれて、ありがとう。
ホント、涙もろい私たちだよねぇ〜。
今日も一杯涙したねっ。^m^

早速、猫のあくびを拝見しました。
キレイな虹のお写真に、私も1年前のあの日の素晴らしい虹の日の出来事を思い出し、涙してしまいました。
あんな虹を見たのは生まれて初めてだったもの。あれもVINOからのプレゼントでしたよ、たしかに・・・。

VINOはもともと適応しやすいタイプだったので、もうすっかりあちらの生活にも慣れたんでしょうけど・・・、「呼んだらすぐに傍に来てねっ。VI〜ちゃん。」^^
mami
2007/08/24 21:14
alomama〜☆
コメントありがとうございます。
ホントに早くも長くもあった1年・・・。
あの日、alomamaたちが飛んできてくださり、夜まで私の傍らに居てくださり、私の話に耳を傾けてくださったこと・・・ホントに心強く、嬉しかったです。
zipapaがあの日から4日間出張で留守だったこともあり、ひとりであの時間を過ごすのがあまりにも辛かったから、とにかく有難かったことを思い出します。
改めて、御礼を言わせて下さいね。
明日から、また新しい家族が加わるZIP家をこれからもよろしくお願いします。
やはりalomamaも「一緒にお墓に!」を考えてらっしゃるのね〜。^^
mami
2007/08/24 21:23
naraさん☆
いつもいつも温かいコメントをありがとうございます。
過ぎてしまえば早かったような気もしますが、いろいろと思い返せば長かったような。
今回、私と同じようにペットロスで悲しんでいらっしゃる方の励みに少しでもなればと思い、ペットロスという題名で記事を残してみました。
そうであればいいのですが・・・。
本当に、この子たちが私たちに与えてくれるものは、計りしれないですね。

後ほどゆっくりnara家にもうかがわせていただきますが、イヴちゃんがママになったんですね〜。
おめでたいですねっ。
なんだか、nara家に三ちゃんの甥っ子か姪っ子が新しい家族として加わりそうな気がしますが・・・気のせいですか?^^
mami
2007/08/24 21:38
ふらまま〜☆
ありがとうございます。
VINOがメリーソートのみんなと楽しそうに遊んでいた時の姿は、私もいつまでも忘れられません。
ふらん叔父さんにもいっぱい遊んでいただきました。
VINOを迎えてから、ファミリーで会う頻度が高かったこと、今にして思えば、よかったなぁ〜と思います。
明日からまた新たな家族も加わりますが、今後もどうぞよろしくお願いします。
また明日お会いできるのを楽しみにしていま〜す。^^
mami
2007/08/24 21:44
Lapiママ〜☆
あれから1年・・・いつも心にかけてくださって、ホントにありがとう。
双子の兄妹のように楽しく遊んでいたLapis君とVINOの姿・・・今でもハッキリと思い出すことができます。
ワンコ育てしながら、私たちも日々成長・・・本当にその通りですね。
明日からまた慌しくも楽しい日々・・・
またどんな風に私自身が成長させられるのか、仔犬の成長と共に楽しみたいと思います。^^

mami
2007/08/24 21:50
junkoさん☆
温かいコメント、ありがとうございます。
あの当時は、この悲しみからどうしたら抜け出せるのか、と思いましたが、もともと感情を抑えることができないタイプなので、とことん涙して悲しみ尽くしたのが良かったようです。
時間が癒してくれるって、本当だな!って改めて実感しました。
命日を迎え、気分的には一区切りついたような気がしてます。
これで、心置きなく新しい子を迎えられる気が・・・。
やはりjunkoさんも同じお墓に入ることを考えられていらっしゃるんですね〜。よかったっ。^^

mami
2007/08/24 21:57
ワッフルママ〜☆
いつも気にかけてくださり、ありがとうございます。
もう今頃、VINOはあちらでも女番長くらいにはなってるかも!^^
私たちがペットから学ぶことは、大きすぎますね。
その冊子に書かれていること・・・その通りだなぁ〜。
ペットの存在が私たちを日々成長させてくれているんですよね。
VINOの思い出話ならば山ほどあります。
よかったら、また聞いて下さいね〜。
mami
2007/08/24 22:04
すばるママ☆
VINOのことでは、いつも温かいコメントをいただき、ありがとうございました。
1年が経ち、ようやくこんな風に思えるようになりました。
これも皆さんが励ましてくださったお陰だと、改めて感謝です。
VINO、すばるママさんに褒めていただき、得意顔になってるかも〜。
「あたちは偉いのよぉ〜。」って・・・。^^

すばるママさんもお骨をお手元に置いていらっしゃるんですね。
良かったっ。^^
すばる君のブログの方にも後ほど遊びにうかがいたいと思います。
楽しみっ。
mami
2007/08/24 22:09
メリーソートさん☆
お出まし、ありがとうございます。^^
メリーソートさんのようなブリーダーさんに出会うことができ、VINOを我家に託していただいたこと、本当に幸せです。
そのように行っていただき、なんだか心の重荷がおりたような気がしています。
こちらこそ、ありがとうございます。m--m
mami
2007/08/24 22:18
hiromiさ〜ん☆
あの当初、メリーソート家とジズー家にどのようにこの訃報を伝えるかで悩んだことを思い出します。
仲良し3姉弟でしたから・・・。
両家がどんなに悲しまれるかが想像できましたから・・・。
ジー君にも、「こんなに早くお姉ちゃんを逝かせてしまってごめんね。」という気持ちで一杯でしたから・・・。
hiromiさんにもzizuoさんにも、本当に本当に可愛がっていただきましたから・・・。
本当にありがとう。
明日はいよいよ次女のお迎え、ジー君にも本当の妹と思って可愛がって欲しいなっ。
hiromiさん、良いこと言うなァ〜。
確かに〜、VINOが焼きもちやいて、自分とは正反対なタイプな子を送り込んできたのかもっ。爆
mami
2007/08/24 22:25
ねぇねさん☆
ありがとうございます。
ねぇねさんこそ、あの悲しみをよく乗り越えられてこられましたね。
私たちのように突然愛する子を喪うこと・・・これはやはり後悔と自責の念で押しつぶされそうになることもありますものね。
でも、この辛い体験をしたことによって、他者の痛みをすごく共感できるようになったり・・・。
これもあの子たちのお陰ですよね。
そして・・・ねぇねさんも私も新しい家族を迎えることになりますが、これからもあの子たちから学んだことを胸に、日々を大切に過ごしていきたいですね。
お互い頑張りましょう〜。^^
mami
2007/08/24 22:33
えみーなさん☆
ありがとうございます。
あの日から数日間は、自分を責めて責めてた時期がありました。
が・・・えみーなさんから頂いたメッセージで、すごく気持ちが楽になり、それまでずっと不眠が続いていたのに、その日はやっと眠りにつけたことを思いだします。
えみーなさんのような心を持った獣医さんにVINOも診てもらえていたら?とつくづく思ったものでした。
獣医さんというお仕事は、本当に大変だと思います。
でも、えみーなさんのような方は、きっとたくさんの動物や飼主さんには必要な方です。どうか、頑張って下さいね。
えみーなさんから「尊敬します。」なんて言っていただけて光栄ですが、zipapaと「そんなことないのに、なんだか照れくさいねぇ〜。」って。^^;
実は、今お世話になってるご近所の獣医さん、なんだかえみーなさんにタイプが似ていて、とても親近感を覚えるんですよぉ〜。^^
mami
2007/08/24 22:48
zizuoさん☆
面と向かってしまうとナカナカ伝えられないのですが、この場をお借りして・・・。
今でもVINOの事を愛してくださり、ありがとうございます。
あの当初、hiromiさんから「zizuoさんがすごくショックを受けている。」とうかがい、本当に申しわけない気持ちで一杯だったんです。

私もどんな記事だったか見てみたくなって「お転婆VINO!」をのぞきに行ったら、確かにカウントが急増してましたぁ〜。
zizuoさんありがとう〜。
明日お会いしますが、やはり面と向かっては感謝の気持ちを伝えられそうもないので・・・。爆
mami
2007/08/24 22:54
あれから1年…早かったような・長かったような。。
mamiさんにとっては大きな意味のある1年だったことでしょうね。
たった1歳のワンが飼い主に大きな贈り物を残して…ヴィ〜ちゃん、すごすぎっ(^o^)/
明日迎える次女ちゃん、ヴィ〜ちゃんがてぐすねひいて待ってることでしょう。。『やっと遊び相手が来たわっ♪』って。
おとなしそうに見えて、実は中身はデビルであることに1票!
またまたmamiさんにふりかかる楽しいできごとを楽しみにしていまーす^m^
eko
2007/08/24 23:10
ekoさ〜ん☆
この1年は、微妙な時間の感覚ですねっ。早かったのか長かったのか?
ekoさんには本当にたくさんたくさん励ましていただきました。
どれだけ心強かったか・・・。
改めて、ここでも御礼を言わせて下さいね。ありがとう。
ホントにね、まだまだパピーとも言える1歳のVINOから、もう決して若くはない大人の私がこんなにもたくさんの事を学んだのですもの。
VINOはすごい!

ekoさんもそう思う?
実は、私も・・・中身はデビルに一票!
つくね家のもずくちゃん、かなりヤンチャ娘さんで、つくねちゃんがパピーの時よりもかなりスゴイみたい。^^;
ということは・・・。汗
と言いながら、それを期待している自分もいたりして・・・。
ベルリンから次女の成長を見守って下さいね〜。^^
mami
2007/08/24 23:41
VINOちゃん、命日だったんですねぇ(; ;)
一緒に過ごした時、その後過ごした時・・
時って無情なようでいて・・
でも優しくもありますよねぇ〜。

それにそばにいてくれた間もどんなに大切に思っていた子でも
いなくなってしまってから
また新たに気づかされるような事、やっぱりありますよねぇ。
VINOちゃんも本当にとても素晴らしい子だったんだろうなぁって
会った事はないけれども、
でもすごくそう思える気がします。

そしてこれからかさねていく時には
ZIP君にVINOちゃん
そして新しい家族がまた増えて
みんなで楽しく色々な時を過ごしていけそうですよネ

モエまま
2007/08/25 18:47
モエまま☆
コメント、ありがとうございます。
あんなにも悲しく辛い日々だった昨夏・・・。
あれから1年・・・おっしゃるように、時の流れは優しいですねっ。
喪った子の想い出って、輝きを増しますよね。
悲しい気持ちではなく、穏やかな気持ちになったことを、自分でも嬉しく思います。
これからは、また新しい家族と一緒にさらなる楽しい思い出を作ってゆきたいと思います。
mami
2007/08/26 22:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
*ペットロスのこと* Simple life with ZIP!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる